米家

名古屋市千種区「米家(まいほーむ)」| おいしい食事とおいしい日本酒が楽しめるカジュアルな居酒屋

HOME»  米家のこだわり

米家のこだわり

米家のこだわり

 
 

日本酒専門居酒屋

日本酒専門居酒屋

 

米家では一部を除き、アルコールの取扱いは「日本酒のみ」となっております。理由は単純明快、オーナーが「日本酒が好きだから」。

全国の大小さまざまな蔵元を実際に訪れ、納得した銘柄のみを仕入れ。
ブランド名やお酒単体での飲みやすさには捕らわれず、米家のお食事との相性を基準にしているため、他店ではなかなかお目にかかれない、レアな銘柄が味わえるのも魅力のひとつです。

 

食べ合わせ(ペアリング)を重視

「マリアージュ」という言葉を耳にしたことがありますか?
ワインでは料理との組み合わせを重視するのに、日本酒にはそれに該当する概念が無い…。なぜ?と長年思っていました。
また昨今の日本酒は、香りが立つことばかりが持てはやされていることにも、疑問を抱いていました。
米家では「食事と一緒に楽しむお酒」をコンセプトに、銘柄をチョイス。
単体ではちょっとクセがあったり、あまり知られていない銘柄でも、食べ合わせ次第でガラリと印象が変わる。
そんなお酒を多く取り揃えております。

 

食べ合わせ(ペアリング)を重視

 

福岡県の蔵元・旭菊酒造さん

福岡県の蔵元・旭菊酒造さん

 

明治33年(1900)、原田勝次氏が創業した福岡で4代続く酒蔵です。
「米本来の旨味を醸し出し、飲み飽きしない純米酒を造ること」を掲げ、全国新酒鑑評会で幾度も金賞を受賞している老舗。
昨今流行の香りを立たせたタイプではなく、食事と合わせることを前提とした穏やかな食中酒を造られています。
米家のコンセプトに合致したお酒はオーナーのハートを鷲掴み。
当店の料理と組み合わさることで、双方の魅力を引き立て合う最高の美禄です。

 

燗つけでおいしいお酒

米家のお酒に共通する条件は「純米酒」であることと「燗つけでおいしいお酒」であること。
特に後者は、温かいお食事と食べ合わせて楽しんでいただくため、夏でも燗酒をおすすめしております。
もちろん銘柄によって「一番おいしい燗つけ方」は千差万別。
それぞれのポテンシャルを最大限味わっていただくために、温度や酒器、合わせる料理、など常に試行錯誤を繰り返しております。
ぜひご来店いただき、ご自身の舌でお試し下さいませ。

 

燗つけでおいしいお酒

 

頼れる酒販店・ごとう屋さん

頼れる酒販店・ごとう屋さん

 

米家の日本酒の品揃えを一手に支える仕入先です。

オーナーが独立・開店する前からの長い付き合いで、現在お酒の発注は全てごとう屋さんにお願いしています。
お店の規模は決して大きくありませんが、新しい銘柄の開拓や、燗のつけ方の研究、新メニューの開発に積極的にご協力いただき、単なる仕入先を越えたビジネスパートナーとして、信頼関係を構築してくれています。

 

岐阜県岐阜市・まめな農園さんの有機栽培野菜を使用

まめな農園さんは1990年頃から化学肥料・化学農薬不使用の栽培を開始。
「消費者にも生産者にも安心安全で、野菜本来の味を美味しく食べられること」を目的とし、少量・多品目の無農薬野菜の栽培に取り組んでいます。

鮮度抜群の取れたて野菜は栄養豊富で、素材の旨味がたっぷり詰まっています。

 

岐阜県岐阜市・まめな農園さんの有機栽培野菜を使用

 

素材の味を引き出す決め手はお出汁

素材の味を引き出す決め手はお出汁

 

毎日市場に足を運びオーナー自らが目利きした、こだわりの新鮮食材の数々をふんだんに使用。

素材そのものの持ち味を引き出す為に、いたずらに食材をいじりまわすことはしません。基本思想である「足し算では無く、引き算の味付け」を実践して、調味はあくまでシンプルに。
お酒との食べ合わせを楽しんで頂く為に、薄味を基本としてお出汁の味を決め手にしております。

 

調味料は無添加で安心・安全なものを

福岡県糸島市で四代続く醸造場、ミツル醤油醸造元さんの生成りを使用。
原料の大豆・小麦・塩はすべて地元・糸島市産。発酵熟成によって形成された、醤油本来の風味がそのまま味わえ、ほどよい余韻の後味が特徴。

全国的な知名度はまだまだこれからですが、当代の城 慶典さんは展示会出展やワークショップ開催を精力的にこなす熱い魂の職人さん。
有名な飲食店や料亭での使用も増えている、目下成長株の醸造場さんです。

 

調味料は無添加で安心・安全なものを

 

瀬戸市の窯元・瀬戸本業窯さんの器を使用

瀬戸市の窯元・瀬戸本業窯さんの器を使用

 

黄瀬戸と呼ばれる、その独特な色合い・光沢に惚れ込み、店の器は全て瀬戸本業窯さんのお世話になっております。

実は店内のカウンターやテーブルに濃い色目の木をチョイスしたのも、黄瀬戸がより鮮やかに映えるようにとの想いから。
お客様からも「いい器だね!」とお褒めの言葉を多くいただいており、米家の料理をより一層輝かせてくれる、無くてはならない相棒です。